食器の泡風呂*楽々ため洗い

面倒な家事のトップに上がる食器洗い。楽々に節水できたらいいな〜と食器の洗い方を提案、紹介しています。自分の記憶の引き出しの代わりに使った食器用洗剤のレポートも不定期にアップしています。

<since 2017.1.1>
不定期に日曜日に更新。不定期に水曜日に食器用洗剤レポをアップしています。
はじめてさんは左メニューの「About Blog」「How To」「Q&A」からどうぞ。

泡洗いとしての感想は沢山みつかるけれど、ため洗いに使った場合の感想はほとんどないので、各洗剤を使った感想を私視点でレポートしています。
洗剤を溶かした湯は「洗剤液」と表現しています。)
(計量スプーンが面倒なので原液スプレーに詰め替えて使用)
 
 洗い方の手順  
  1. 食器の汚れをウエス等で拭き取り、予洗い。  
  2. 食器が全部つかる量の洗剤液(60℃)を桶に作り、食器を沈ませる。 
  3. つけ置きタイム→15〜20分程度、素手で洗える温度になるまで待つ。
  4. 食器を取り出す。汚れが残っている部分は洗剤液の中でスポンジ洗い。 
  5. すすぐ。

 RB:フィニッシュパウダー重曹 (界面活性剤2.7%)
 フィニッシュ
手洗いのレポートなのに、なんで食洗機用の洗剤?と思うでしょうが
「ため洗い」は手洗いといっても泡は使わない浸け置くだけなんだから
 使ってみてもいいんじゃないかな?という発想です。
洗剤革命やココマジックなど総合洗剤と同様なものとして使ってみます。

溶かす割合がいまいちわからないのですが
単純に5Lに大さじ1で使ってみます。

 液の粘度 
粉末なので粘度の評価は書けませんが、溶かした時の様子を。
水やぬるま湯では溶けにくく粒が残ります。
熱湯で溶かしてから水かぬるま湯を足す方法にしました。
溶けるとうっすらと白くにごり、こまかい泡が発生しているような様子がみえます。
手を入れると洗濯洗剤を溶かした時のようなぬめりが手に残ります。
これはセスキなどアルカリ性によくあるぬめりです。

 汚れ落ち 
20分浸け置いてから食器を取り出しました。
すすぐとしっかり汚れが落ちていてキュキュとした仕上がりになります。
そればかりか、食器裏にあった蓄積汚れが軽くこするだけでスルッと落ちてしまいました。
食器用洗剤に浸けだだけではこんな風には落ちません。 
この感じはワイドマジックリンに似ています。

普段の食器洗いには濃いようなので、5Lの湯に小さじ1にしてみました。
5Lに小さじ1でも少し濃かったので5Lに小さじ1/2でもいいかもしれません。

 泡切れ 
泡は立たないので泡ぎれの評価は書けませんが、食器に残るぬめりについて。
5Lの湯に大さじ1の割合にした時、食器にアルカリ性独特のぬめりが食器に残っていて、
大きな食器だとそのぬめりで滑り落としそうになるのが難点。
油汚れなのかぬめりなのか指で触っただけでは判断できない状態でした。
ぬめりを取るために少しすすぎに時間がかかります
5Lの湯に小さじ1の割合にした時も食器にアルカリ性独特のぬめりが食器に残っていて、
滑り落としそうになるので注意が必要。

 香り 
粉末にはうっすらとラムネのような香りがついていますが
薄めてしまうとほぼ無臭です。すすぎ後は食器に香りは残りません。

 手肌の優しさ 
手洗い用ではないので手荒れ覚悟だったのですが
意外にも手荒れしにくかったです。乾いた後の手がすべすべします。
(強力な洗浄力のあるコパクト洗剤の方が手荒れします) 

 コスパ 

大さじ1がパウダー15gなのだとして
詰め替え900gが一袋433円なので
5L桶に大さじ1使用した場合1回が7.2円。小さじ1なら2.4円。
コスパはまあまあ良し!

 総評  
泡立たないので「ため洗い」に使えるんじゃないかと試した訳ですが、
食洗機用の洗剤ですから手洗いにわざわざ使うことはないが使えないことはないという結果に。

ぬめりのすすぎがちょっと難点ですが、泡も出ないし洗浄力もバッチリです。
ただし、コップ一個とかフライパンなどのポイント洗いには不便なので
やはり餅は餅屋、手洗い用の洗剤を使った方がいいですね(^^)

5L桶に大さじ1使用した時に食器用洗剤以上の力を発揮していたので濃度を強くして試したら
ワイドマジックリンのように強い汚れのつけ置き洗浄にも使えました。
おそらく他のメーカーの食洗機用洗剤でも同様だと思うので
買ったわいいが使わなくなった、他のメーカーに切り替えて余ってるなんて時に
できるだけ熱い湯で漬けおきに使用すればムダなく消費できますね。
これからの時期、年末大掃除に活躍できそうです。






〜「ため洗いって?」となじみのない人は、ブログ内のQ&AHowToからどうぞ〜


×