食器の泡風呂*楽々ため洗い

面倒な家事のトップに上がる食器洗い。節水で楽々がいいな〜が叶う『洗い桶』を使った洗い方を提案、紹介しています。自分の記憶の引き出しの代わりに使った食器用洗剤のレポートも不定期にアップしています。

<since 2017.1.1>
不定期に日曜日に更新。不定期に水曜日に食器用洗剤レポをアップしています。
はじめてさんは左メニューの「About Blog」「How To」「Q&A」からどうぞ。

泡洗いとしての感想は沢山みつかるけれど、ため洗いに使った場合の感想はほとんどないので、各洗剤を使った感想を私視点でレポートしています。
洗剤を溶かした湯は「洗剤液」と表現しています)
(計量スプーンが面倒なので原液スプレーに詰め替えて使用)
 洗い方の手順  
  1. 食器の汚れをウエス等で拭き取り、予洗い。  
  2. 食器が全部つかる量の洗剤液(60℃)を桶に作り、食器を沈ませる。 
  3. つけ置きタイム→15〜20分程度、素手で洗える温度になるまで待つ。
  4. 食器を取り出す。汚れが残っている部分は洗剤液の中でスポンジ洗い。 
  5. すすぐ。

 LION:チャーミーマジカ除菌+プロフェショナル/無香料 
     水1Lに対して0.75ml(界面活性剤33%)      
        マジカプロ2
業務用(プロフェショナル)2本目です。
レポートで業務用はあまり参考にならないだろうと思い
もう手を出すつもりはなかったのですが…(汗)
けれどこれには理由があります。
この業務用、香りが3種類あるのですが、そのひとつが「無香料」なんです。
無香好きには手をださずにはいられませんでした(笑)

以前にマジカの「無香性」というのはありました。
レポートもしたのですが無香ではなく微香。甘い残り香が私には馴染めませんでした。
 

マジカの洗い上がりは気に入っていたので、残念な思いでリピートはしませんでしたが
「無香料」だというなら話は別!さっそく注文。
大容量なので後悔のない結果であってほしいです。


 液の粘度 
他のリシーズと変わりません。
それなりの粘度がありヤシノミ洗剤よりは濃いけどJOYよりはゆるいです。 
原液スプレーの液の出方はスムーズです。  

 汚れ落ち 
除菌プラスとなんら変わらない洗浄力です。
文句なし。ナノ洗浄の特徴もそのままです。
液の温度が低くなっても洗浄力はそのまま、汚れ移りもありません。

 泡切れ 
他のリシーズと変わりません。
希薄しても泡が立ちますが、時間とともに何割か消えてしまうので
すすぎを邪魔することはありません。
排水溝あたりに泡がたまることもありません。
泡ぎれが良いいです。

 香り 
洗剤自体の匂い(成分の匂い)はかすかにありますが不快ではないです。
「無香性」の時のようなラムネのような違和感ある甘い匂いもありません。
希釈するとほぼ水です。
すすぎ後の食器に香りは残りませんし手にも残りません。

 手肌の優しさ 
他のリシーズと変わりません。
希薄して使うので、手荒れはありませんが
若干、皮脂も落とされた感じはありました。
 
 コスト 
  
5L桶に約4ml使用で、1回が約2.2円。
(通販した場合の送料は計算に入れていません

 総評  
家庭用サイズのマジカとコスパもほぼ変わらず、買い方によっては若干安いです。
洗浄力の強さや泡切れは他のリシーズと変わりません。

ナノ洗浄の良さも変わりません。
違うのは「香りが無い」ということだけです。

無香料なので、洗剤の匂い移りの心配なく使えます。
業務用サイズなので気軽に注文ができないのだけが難点ですね。

マジカの洗い上がりはとても気に入っていたのですが、
香りだけが馴染めずリピートできなかったのですが
「無香料」ということでそれも解消、とても嬉しいです。

どうかこのまま「無香料」がなくなりませんように…
いつか家庭用サイズのボトルで買える日がきたらいいな、と思っています。

〜「ため洗いって?」となじみのない人は、ブログ内のQ&AHowToからどうぞ〜


×