食器の泡風呂*楽々ため洗い

面倒な家事のトップに上がる食器洗い。楽々に節水できたらいいな〜と食器の洗い方を提案、紹介しています。自分の記憶の引き出しの代わりに使った食器用洗剤のレポートも不定期にアップしています。

<since 2017.1.1>
不定期に日曜日に更新。不定期に水曜日に食器用洗剤レポをアップしています。
はじめてさんは左メニューの「About Blog」「How To」「Q&A」からどうぞ。

泡洗いとしての感想は沢山みつかるけれど、ため洗いに使った場合の感想はほとんどないので、各洗剤を使った感想を私視点でレポートしています。
洗剤を溶かした湯は「洗剤液」と表現しています)
(計量スプーンが面倒なので原液スプレーに詰め替えて使用)
 
 洗い方の手順  
  1. 食器の汚れをウエス等で拭き取り、予洗い。  
  2. 食器が全部つかる量の洗剤液(60℃)を桶に作り、食器を沈ませる。 
  3. つけ置きタイム→15〜20分程度、素手で洗える温度になるまで待つ。
  4. 食器を取り出す。汚れが残っている部分は洗剤液の中でスポンジ洗い。 
  5. すすぐ。

 クリヤケミカル:クロリスウォッシュフォーディッシュ 水1Lに対して0.75ml(界面活性剤23%)
       クロリスウォッシュ
洗剤レポのため、お試しサイズで新しい洗剤を探していたところ
楽天で200円送料無料でみつけました。
cw_dish_30ml_400
たまっていたポイントを使ったので実質ゼロ円です。
でも量が30mlと少ないので、慎重に計ってレポートしました。

手肌にやさしく天然の香料、植物由来の界面活性剤、必要最低限の発泡剤など
こだわりぬいた自然派の洗剤ですね。
こういった洗剤は汚れ落ちに対するレビューが割れることが多いのですが
さて実際はどうでしょうか。 

 液の粘度 
粘度はほとんどなくさらさらです。
量が少ないので原液スプレーは使わず計量スプーンを使いましたが
おそらくスプレーにしても手応え軽くズバズバと液が出ると思います。 

 汚れ落ち 
自然派なだけあって強力な汚れ落ちではありませんが
ヤシノミ洗剤寄りの働き者でした。
熱湯との相乗効果でしっかり汚れが落ちます。
食器もキュキュっと鳴り汚れ移りもありません。 
必要以上の洗浄力はないけど満足ゆく力を持っていると感じました。 

 泡切れ 
洗浄液を作る時にそれなりに泡立ちますが時間とともに消えてしまいます。
桶から食器を出した時に泡がくっついてくることもありますが
すすぎの邪魔になることはなく簡単に済みます。
この泡切れのよさはため洗い向き。 

 香り 
香料として精油のローズマリーシネオール、ティートリー、ユーカリグロブルスが入っていて
自然な良い香りがします。
ほのかな匂いで大手メーカーの「無香」の類に入ると思います。
すすぎ終わりには手に香りは残りません。 

 手肌の優しさ 
もともと手肌に優しい洗剤ですが、希薄で使うのでさらに優しい。
手荒れしません。

 コスパ 

アマゾンでは送料込みになっていますがこの値段で計算してみました。
5L桶に約4ml使用した場合1回が約8〜14.5円。 
コスパで見るとちょっと贅沢品かしら?
店頭で購入できるなら送料が差し引かれるのでもっとコスパがよくなると思います。 

 総評 
香りが自然でとてもいい。 
泡立ちや泡持ちはよくないけれど手肌のやさしさへのこだわりを優先した結果といえます。
目安量は違いますが使い心地や汚れ落ちはヤシノミ洗剤とよく似ています。

コストより環境と手肌に優しい洗剤がいい人向きと思えますが
こだわりのある自然派洗剤の中では洗浄力がある方ではないでしょうか。 
〜「ため洗いって?」となじみのない人は、ブログ内のQ&AHowToからどうぞ〜


×